イベント詳細

オルガン、その楽器と音楽の発展の歴史について
開催日 2022年1月27日(木)~2022年2月10日(木)
時間 開始 10:00 終了 11:30 
開催場所 LICはびきの 2階 大会議室
入場料 2,200円(2回講義分) 
※定員に空きがあれば各講義の一週間前から前日まで1回ずつの申込を受付ます。
 1,320円/1回(当日支払い)
問合せ先 LICはびきの
講師 土橋 薫(大阪音楽大学特任教授)
定員 34名
対象 楽器未経験者の方も受講できます。
申込方法 ①来館・②電話(072-950-5500)③FAX(072-950-5505)
※数字は申込優先順位
申込期間 2021年11月27日(土)~2022年1月19日(水)
※先着順。定員に達し次第締め切りとなります。
申込方法 来館・銀行振込
申込日から一週間以内に受講料をお支払いいただきます。一旦納付された受講料は返金できません。
講義内容 オルガンはいつ頃できたのか? 驚くほど古いその起源と発達の歴史を、さまざまなエピソードと共にたどります。日本で最初にオルガンを弾いたのは誰? オルガンはキリスト教会のもの?
J.S.バッハの弾いたオルガンはどんなもの? など、もしかして皆さんも知りたかったのではないでしょうか?
まずは、パイプオルガンが楽器の女王として完成するバロック時代までを2回に分けてお話しします。

イベント検索

20225
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •